その老朽化した屋根、お困りではないですか…
keishinスレート革命ページの困り事の画像
keishinスレート革命ページのさらにの画像
進む劣化
  • ●ヒビ・割れ・欠け・塗装劣化の進行
  • ●建築強度の低下(地震・台風の心配)
修繕に向けての心配
  • 「葺き替え」・・・コスト高い・休業のリスク・アスベスト飛散リスク
  • 「カバー工法」・・・重量増加・室内温度上昇
撤去廃棄物(産廃処分)費用が高い
keishinスレート革命ページの\世界初/特許取得の遮熱断熱塗料の画像
スレート革命
従来のスレート修繕方法

塗装工事

  • ・高圧洗浄のうえ、下塗りが必要。
  • ・劣化が比較的早い。

カバー工法

  • ・屋根の上に鋼板を乗せるため重い。
  • ・熱がこもりやすい。

葺き替え工法

  • ・コストがかさむ。
  • (アスベスト飛散リスク、産廃処理の費用)
keishinスレート革命ページの三角矢印1画像
スレート革命
keishinスレート革命ページのpoint1画像
高圧洗浄不要で1剤施工の為、工期短縮コスト削減
keishinスレート革命ページのpoint2画像
漏水原因のクラック補修、更にスレート屋根の強度アップ
keishinスレート革命ページのpoint3画像
赤外線反射における塗装面の温度上昇抑制で屋内環境の改善
防水補強遮熱の3つの効果
低コストで建物環境を改善します!
従来工法のメリット・デメリット
カバー工法
keishinスレート革命ページのカバー工法の画像
既存のスレートの上に金属屋根を設置する工法
  • 〇 廃材処分費用の削減(石綿飛散対策も不要)
  • 〇 工期短縮で工事中も建物内の運営が可能
  • × 鉄板が熱を吸収しやすく、表面温度・屋内温度が上昇
  • × 重みが大幅に増すため、耐震性が低下
  • × 材料荷揚げの為、基本的に全面足場が必要
葺き替え工法
keishinスレート革命ページの葺き替え工法の画像
既存のスレート屋根を一部撤去、新たな屋根に付け換える工法
  • 〇 現在の基準の建材への交換
  • 〇 同時に母屋・梁などの補修工事が可能
  • × 廃材処分費用や石綿飛散対策等が高額
  • × 工期が長くテナント休業や建物内の物品移動が必要
keishinスレート革命ページの表の画像
実証!
夏場の光熱費削減にも効果あり
keishinスレート革命ページの室内温度:-15.0℃の画像
施工後の温度測定結果
室内温度:-15.0℃
keishinスレート革命ページの屋根表面:-22.0℃の画像
施工後の温度測定結果
屋根表面:-22.0℃
スレート革命
keishinスレート革命ページのスレート革命の画像
コスト削減
工期短縮
軽量
省エネ
環境改善
●カバー工法より原材料費が安く施工も簡単!
●高圧洗浄不要。直接強化塗装することでアスベスト繊維を結束させ飛散を防止!
(洗浄水の産廃処理費も不要)
●1㎡あたり1㎏と極めて軽量なのに硬化後は強度アップ!
●遮熱、断熱、保温性により夏・冬の光熱費もダウン!