非常用発電設備とは?

非常警報器具やスプリンクラー、避難口誘導灯や非常用エレベーターなどの重要な設備が、火事や地震といった予期せぬ災害に襲われたとき、同時発生することの多い停電によって、稼働しなかった等を起こさないために、停電発生と同時に通常電源から自動で切り替わって電源を確保する設備です。

keishin非常用発電機負荷試験ページの「非常用発電設備とは?」の画像
非常用発電機が設置されている建物例
keishin非常用発電機負荷試験ページの「非常用発電機が設置されている建物例」1の画像

ホテル

keishin非常用発電機負荷試験ページの「非常用発電機が設置されている建物例」2の画像

老人ホーム

keishin非常用発電機負荷試験ページの「非常用発電機が設置されている建物例」3の画像

病院

keishin非常用発電機負荷試験ページの「非常用発電機が設置されている建物例」4の画像

消防署

keishin非常用発電機負荷試験ページの「非常用発電機が設置されている建物例」5の画像

商業施設

・屋内消火栓設備(スプリンクラー設備等)を設置している建物には非常電源 (非常電源専用受電設備、自家発電設備、蓄電池設備、燃料電池設備)の設置が必要。 (法17条第1項、施行令第11条第3項第2号ロ(7))

・不特定多数の人が出入りし、延べ面積1,000m²以上の建物では、自家発電設備・蓄電池設 備・燃料電池設備のいずれかを設置しなければならない。(規則第12条第1項第4号)

様々な建物・施設に自家発電機が設置されており、定期的な点検が義務付けられています。

点検の目的

実際に停電が起きると発電機に負担がかかります。

そのため、「有事の際に発電機が稼働しない」ということが起きないよう、自家発電設備から各消防設備に十分な電力を供給するための発電出力と性能を確認する点検です。

keishin非常用発電機負荷試験ページの「点検の目的」1の画像

出力不足>

keishin非常用発電機負荷試験ページの「点検の目的」2の画像

作動せず>

keishin非常用発電機負荷試験ページの「点検の目的」3の画像

消防活動不能>

keishin非常用発電機負荷試験ページの「点検の目的」4の画像

発電機火災・
二次災害発生

点検方法と詳細
keishin非常用発電機負荷試験ページの「点検方法と詳細」の画像
keishinスレート革命ページのpoint1画像

負荷運転試験は他点検方法と比べ、費用・リスクを低減できます

実負荷点検との違い

負荷運転試験には実際に消防設備を稼働させる実負荷試験と負荷試験機を利用し、 負荷を再現して行う試験機による負荷点検があります。

実負荷試験と試験機による負荷点検は異なるので注意が必要です!

実負荷点検

実際に商用電源から自家発電機へ切り替え、各設備を稼働させて負荷をかける試験方法

keishin非常用発電機負荷試験の「実負荷点検との違い」1画像
試験機による負荷点検

負荷試験機を使用し、自家用発電機と負荷試験機のみで行う試験方法

keishin非常用発電機負荷試験の「実負荷点検との違い」2画像

問題点

①点検時は全館停電となる

②復電時に瞬間停電が発生する為、PCのメモリー等のトラブル発生の可能性有り

③消防予法214号第24の3に求められている、30%以上の負荷で必要な時間連続運転出来ないケースがある

④試験には各技術者の立会が必要

発電機

①点検時も停電しない

②商用電源との切替が不要なのでトラブル発生の心配なし

③発電機に合わせて必要数の負荷をかけるので消防予法もクリア

④設備を動かさないので各技術者の立会は不要

keishinスレート革命ページのpoint2画像

商用電源を切断しない為、停電等含め、各設備に影響なく、立会人も必要ない点検方法です。

負荷試験機での負荷試験
400KVA以下の場合
keishinスレート革命ページの「400KVA以下の場合」1画像

試験機の搬入作業

keishinスレート革命ページの「400KVA以下の場合」2画像

ヒーターユニットの
連結作業

keishinスレート革命ページの「400KVA以下の場合」3画像

発電機又はキューピクル
側の発源遮断

keishinスレート革命ページの「400KVA以下の場合」4画像

発電機と接続

keishinスレート革命ページの「400KVA以下の場合」5画像

測定データの作成

keishinスレート革命ページの「400KVA以下の場合」6画像

報告書作成

作業時間は試験機の搬入搬出を含めて二時間程度です。
負荷試験機による測定データ表例
keishinスレート革命ページの「負荷試験機による測定データ表例」画像
専用の負荷試験機で点検、必要な報告書及び点検済証を発行します
ページ先頭スクロール